白山市学校図書館支援センターの概要

白山市学校図書館支援センターの概要

 

概要


学校教育の機能を高め、児童生徒の豊かな感性を育むために、学校図書館を支援しています。学校図書館、公共図書館、教育センター、各機関とのネットワークを生かし、支援センターを拠点とした図書配送システムや情報の収集・発信など、また、学校司書と連携・協力し学校図書館の活性化を図っています。

 

業務内容


① 学校図書館からの貸出依頼受付

  ・長期(調べ学習用)、短期(個人からのリクエスト用)

② レファレンス受付

  ・学校図書館からのレファレンスに対応

③ 学校への貸出処理・返却処理・配架

  ・公共図書館から学校へ貸し出す資料の各処理

④ 配送システム

  ・荷物の仕分け、配送業者への連絡

⑤ 絵本パック・読み物パック

  ・希望の冊数の絵本、読み物をパックにして貸出

⑥ 学習用資料の収集・提供

  ・関係団体へ資料請求、冊子などの収集

⑦ 利用時期の調整

  ・各学校の年鑑、百科事典、図鑑の利用時期を把握し、調整して貸出

⑧ 学校図書館の各データの集約

  ・学校図書館を活用した授業実績ほか

⑨ 司書部会

  ・情報提供、グループ研究の参加

⑩ 図書館業務に関する相談受付

⑪ 広報活動

  ・ホームページ作成、支援センターだよりの発行

⑫ 支援センター蔵書の管理・貸出

  ・年鑑、大型絵本、学校図書館に関する参考図書

⑬ 研修参加

  ・学校図書館大会ほか

⑭ 「白山市図書館を使った調べ学習コンクール」事務補助

⑮ 学校展示

  ・図書館を活用した授業の成果物等の展示

 

貸出実績


(単位:冊、%)

 

2016年度

2015年度

2014年度

前年比

学校図書館貸出冊数

(短期・長期・絵本パック)

14,352

16,849

14,956

  85.2

 


 

白山市図書館ネットワーク


 

      

 

 

 
 【学校図書館支援室書庫(松任図書館)】

 

    【配送システム】
学校が優先的に使える約9,100冊の資料

 

収集日と配達日を分けて、週2回学校をまわる

>白山市学校図書館支援センターはこちら